リプロスキン

ニキビ痕とそれぞれのお手入れ方法について

ここでは、ニキビ痕について紹介していきます。
リプロスキンで正しくニキビケアをする為にはまずは、ニキビ痕を正しく知る必要があるからです。
ニキビ痕は、どの段階でニキビが治ったと言う事と体質によってどんなニキビ痕になるのかが決まってきます。

 

ニキビ痕は大きく分けて三つのタイプが存在します。

 

 

ニキビ痕タイプ

 

 

 

 

赤み

 

 

炎症後に赤みになってニキビが治ってても赤みが残る場合があります。
これが、赤みニキビ痕です。

 

 

一般的には、これは一から二年で消えていきます。

 

但し、紫外線に注意しないとシミになる可能性があります。

 

 

※ リプロスキンの口コミでは、このタイプのニキビ痕が治ったって人が多い様です。

 

 

 

色素沈着

 

ニキビが治った後にシミや黒ずみになるタイプです。

 

これは炎症による刺激でメラニン色素が形成される為に起こります。
自然と消える事もありますが、リプロスキンでターンオーバーを促すと
治りが早い場合もあります。

 

 

 

 

 

かんぼつ

 

 

これは、クレーター状になったニキビ痕です。
原因は、ニキビを潰した事や同じ場所に繰り返しニキビが出来た事によって
皮膚の壁まで破壊されて陥没した事により起きたモノです。

 

こうなると、完全に修復するのは不可能です。
リプロスキンでお手入れする場合は、それなりの年月をかけて
目立たなくなる可能性はありますが、それなりの覚悟が必要です。

 

 

 

これだけは読んでおきたい!関連記事

 

矢印
リプロスキン後に保湿に効果的な美容液は?

 

 

説明:保湿をする事でニキビ、ニキビ痕の早い治りが期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リプロスキンやニキビの情報を皆さんで下記SNSボタンで共有しましょう。